シニアフードに切り替え。ドッグフード選びは難しい!

Leave a Comment

アンディは皮膚があまり強くありません。小さい時から皮膚や目のトラブルを時折起こして病院のお世話になってきました。1歳前後の頃は涙焼けがひどく、フードを変えてみようと手作りをしていた時期もありました。

の後涙焼けは収まり、やっぱり食べるもので変わるんだと思ったのでした。現在はお医者さんに進められたアレルギー対策用のフードをかれこれ4年ほど食べていますが、ここへきてみんなが「シニア」になった事、アンディの肌コンディションは現状85点、「もっと良いドッグフードへ変えてみたい」と思うように。現在アンディ10歳、ジャクソン9歳、ロビンは7歳です。



うちのドッグフード遍歴とその理由
  • Nutro Natural Choice(涙やけ時代)
  • 手作り(チキン、野菜、米など)
  • AvoDerm(毛艶対策)
  • Blue(グレインフリーに目覚める)
  • Blue Wilderness(引き続きグレインフリー)
  • Natural Balance Limited Ingredient Diet(プロテインが一種類のタイプ)
  • Flesh Pet(冷蔵庫で売られているおいしそうな半生要冷蔵タイプ)
  • 手作り(チキン、野菜、米など)
  • Royal Canin Veterinary Diet Hydrolized Protein(お医者さんに進められた要診断書の低アレルゲンタイプ)

最後ロイヤルカナンに変えたのは、手作りしている時間がなくなってしまったのでお医者さんに進められた低アレルゲンタイプのロイヤルカナンにしたのでした。ロイヤルカナンにしてからは皮膚トラブルも減って安定しているように思うけど、(パーフェクトではないけど)内容物が多い順に米、加水分解した大豆プロテイン、チキンファット、ナチュラルフレーバー、、、。どうなのこれ。


ということで調べました。皮膚トラブルの多いアレルギー持ちかもしれない(何のアレルギーかはテストをしたことが無いのでわからないけど)シニアなうちの犬にベストなドッグフードは何なのか?アレルギー対策用のドッグフードは大きくわけて3種類。


1. プロテインが1種類などの内容物の品種を少なくしたもの
2. めずらしいプロテインのもの
3. 低アレルゲンのもの


1は例えばプロテインがチキンだけとかビーフだけなどで、それによって「何のアレルギー持ちなのかを特定できる」可能性があります。チキンあげていて痒そうだったらチキンアレルギーの可能性があるのでビーフオンリーに変えるとかね。2はチキンやビーフなどのドッグフードによく使われているものじゃなくて、鹿肉とかイノシシ肉とか。これによって「もしかしたら摂取しすぎてアレルギーになってしまった」かもしれないプロテインを取らなくて済みます。3は低アレルゲンをデザインとして作られたフードで、通常医者の診断後に買えるものです。


うちが今買っているものは3のタイプ。以前は1のタイプも買っていました。結構長期に渡り買っていたくせに何があわなそうだったか判明できず。。。その時はチキンとスイートポテトを良く買っていたけど特に問題はなかった気はする。でもこれだー!という感じでもなかった。考えてみるとうちの子達は長年にわたって「チキン」を一番摂取していると今気づいた。手作りしてもチキン、ササミが多かったしね。そういうわけで、今後試してみるドッグフードの条件としてチキン以外のものを買ってみるべきかも。私の考えたドッグフードの新しい条件はこんな感じ。


  • プロテイン、脂質、炭水化物のバランスの良いもの
  • グレインフリー(消化対策)
  • できれば○○ミールが入っていないもの
  • シニア対策のもの
  • できればチキンじゃないものを試してみたい
  • 添加物の入っていないもの


早速シニア犬にお勧めのドッグフードを検索して日本語サイト、英語サイト両方を見てみました。まず名前のあがったWellness、Go!、AvoDerm、Fromm、Holistic Select、Instinct、Hills Science Diet、Wysongなどは○○ミール(特にチキンミール)が入っているので残念ながら購入候補にならず。Now Freshはミールが入っていないもののポテトフラワーが材料の2番目では多い気がするんだけどどうなんでしょうか。


ところで某日本語のサイトのランク一覧を見ていたら、チキンミールは羽根やトサカなどまたは糞尿や破棄するものでも鶏由来なら全てチキンミールとされるので避けるべきとされていて、それはこの前もアメリカのお店の犬セクションを探索。第1回:ハリスティーターで書いた通り納得出来るんです。ドッグフードでいうチキンミールはAnimal-by Productsと同じ意味あいかなと。でもこのランキングで上位とされるAcanaの、メインで含まれる材料は鶏肉ミールとなっているんです。チキンミールと鶏肉ミール、同じじゃないんかい?w それともアカナはオリジンと同じ会社が出しているから安心というか特別なの?


(そもそもチキンミール自体はプロテインソースとしては悪くないらしいのです。ただ、どんな鶏のどんな部分を使ったかまではわからない故にできれば避けたほうがいいのではということらしい。もしチキンミールについて知りたい方はググってね。日本語英語両サイトでも賛否両論です。)


そして私が気になったフードはこちら。



両方ともハローのシニア用です。内容物と、価格を見て選びました。オメガ3や6が入っているのも良い感じ。特別アレルギー対策のものではないけれど、今まで与えたことの無いターキー、ダック、サーモンなどがメインプロテインとして使われているのでこれは上記で言う2の「めずらしいプロテインのもの」に当てはまります。今度これのどちらかを試しに買ってみたいと思います。


は~、それにしてもドッグフード選びって難しい!できるだけ高品質で体にあったフードをあげたいけど、何が良いのかどの成分が良くないのかわかりづらいです。しかもネット上にはたくさんの情報があって、できるだけ医者や企業などが書いたものを参考にするようにしていますが、どれが本当に正解なのかこちらがしっかり考えないと間違った情報を信じてしまいます。医者同士でも言ってることが違ったりするしね。とにかく発ガン性のものや体に害を与えそうなものはできるだけ避けて、健康に長生きしてもらいたいです。


関連記事: あなたの犬が死んだ犬を食べている可能性

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
Next Post次の投稿 Previous Post前の投稿 ホーム

0 コメント:

コメントを投稿