第2回 女一人+3匹の旅、山間の小さな観光地編(前半)

Leave a Comment

1月6日、今日はアンディの9歳の誕生日でした!アンディが無事に9歳を迎えられたことが
ただただ嬉しいです。アンディの誕生日は又次回に書くとして、今日はこの前行った日帰り旅行の話を。


1月2日、くもり。
ニューイヤーズイブに諦めたあの日帰り旅行を決行する時が来たのだ!



前回の雪山キャビン旅行がすっかり気に入った私。今回は前日まで、別の雪山リゾートに行くかイブに行こうと思ってた古い町に行くか決められないでいた。


別の雪山リゾートに行くとなったらこんどこそ自分でチェーンを着けようと思い
練習してみることに。



ガーン。なんと真ん中につけようとしたゴムのテンショナーが切れた!


買ったばかりで1回しか使ってないのにー!


だけどその後考えた結果、雪山に行くなら一泊したいなと思ったので今回は古い町に行くことにしました。(あっさり)


↓朝車に乗り込んだところ。安心安定のベイビーフェイス、ロビン。



この後通り道のグロサリーストアに寄って、クロワッサンツナサンドと店内スタバでコーヒーを購入。さあ、ドライブスタート!


ここからはしばし景色をお楽しみください♪私達の住む海沿いの町から、内陸へと進む道。
こんな風にずーっと山を抜けて行くよ。



このあたりは果樹園、栽培場が盛んで多いのはオレンジ、アボカド。栽培場はサボテンややしの木など。カリフォルニアはフロリダと共にアメリカ2大オレンジ生産地だもんね。



そして山道を走り抜けて、今度は山をどんどん登っていくと景色がガラっとかわるのです。こんな風に。



そして面白いのが農場の内容が変わること。


だだっ広い広大な土地が続き、見えてきたのはたくさんの牛や馬。ここの牛や馬は飼われているのかそれとも野生なのかわからないほど、超・超・広大な土地の中で自由にしてた。


生前のうちは、どの子もこれくらい自由だったらいいのにな。好きな時に寝て、好きな時に食べて。


この前地元の小さなイベントで、繋がれてメリーゴーランドとして歩かされていたロバを思い出した。ああいうのは本当にかわいそうだよね。


さて、古い小さな町に行く前に寄ったのがこの湖です。




ほとんどなくなっちゃったけど、湖の周りにはちらほら雪が残ってた。


アンジャクロビン、のんびり周辺散歩&匂い嗅ぎを楽しもうね。




湖の駐車場付近はバーベキューエリアで、家族連れでバーベキューを楽しむ人たちで賑わっていた。


湖の周りを歩く人は全然いなくて、私が犬連れで降りていったら、先にいたファミリーが上がってくるところで。私達が遊び終えたら入り口で犬連れファミリーが私達が戻るのを待っていた。


順番待ちか!(笑)




黒ラブとドーベルマンだったかな、思いっきり走れて楽しそうだったな。


たくさんの鵜(たぶん)もいたよ。



↑なんか後ろの青い服のふたりが気になるw


そんな感じで湖周辺の散歩はお終い。この後小さな町に向かいます。


↓犬とアメリカ旅行シリーズはこちら↓

第1回 女一人+3匹の旅(旅じたく編)
第1回 女一人+3匹の旅(1日目)
第1回 女一人+3匹の旅(2日目)
第2回 女一人+3匹の旅~山間の小さな観光地編~(前編)
第2回 女一人+3匹の旅~山間の小さな観光地編~ (後半)
第3回 女一人+3匹の旅~アメリカで8番目に大きい都市編~ (1日目)
第3回 女一人+3匹の旅~アメリカで8番目に大きい都市編~ (2日目)
第4回 女一人+3匹の旅~山のふもとの小さなリンゴ農園の町編~
第5回 女一人+3匹の旅~初めてのトラブル・前半~
第5回 女一人+3匹の旅~初めてのトラブル・後半~
第6回 女一人+3匹の旅~アニマルレスキュー活動をするワイナリーのある町・前編~
第6回 女一人+3匹の旅~アニマルレスキュー活動をするワイナリーのある町・後編~
第7回 女一人+3匹の旅~死を垣間見た砂漠の町編~
第8回 女一人+3匹の旅~やっぱり雪が見たい!編~
第9回 女一人+3匹の旅~ビーチタウンとローカル物産探索編~

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

Next Post次の投稿 Previous Post前の投稿 ホーム

0 コメント:

コメントを投稿