アフタースクールプログラムで無表情だった女の子が、笑顔になった!

Leave a Comment

今の職場に異動されて1ヶ月経った。


それと同時に幼稚園児グループを受け持つことになったわけだけど、これがとっても楽しい。今カレッジで取っているEarly Child Developmentのクラスの内容と仕事の内容が一致していて習ったことをすぐ実践に生かせるのも良い。


毎日が手探りで、失敗ばっかりなんだけどやりがいがある。この前一人の女の子にとっても嬉しい手紙をもらった。そこには


I Love You You are my frafit tetr in the wrd!(誤字も可愛い)


って書いてあって、私と彼女の似顔絵が書いてあった。マイ・フェイバリット・ティーチャー・インザワールド!裏にも、Love Love I like like you Love I like youって書いてあって、どんだけ?w


こんな嬉しい手紙は初めてもらったので大切にとって置いてます。




それと別の女の子。この子はほとんど感情を出さない子で、グループでもあまり他の子と絡まずしゃべらず静かな子って印象だった。


他のスタッフにも、「あの子はいつもNoって言ってあまり一緒に遊びたがらないけど、そういう子だから。あなただけにそういう態度なんじゃないから気にしないでね。」
って言われていました。彼女だけ午後の部の幼稚園に通ってるので後からクラスにやってきます。


もう他の子供達と遊んでるので「今○○をしてるんだけど、一緒に遊ばない?」って必ず声をかけてるのだけど、決まって答えは


「No.」


の一言。それでも毎日、一人で暇そうにしているたびにウノとかボードゲームに誘って、無表情ながらも一緒に遊んでいました。そしてある日。室内でいつものように二人でボードゲームをしていたらなんだか突然よく話し始めたのです。


Guess Who?


っていうボードゲームをしていて、カードに描かれているたくさんの動物の中からひとつ
選んで、(私はこの猫って心の中で決める)相手が「あなたは茶色いですか~?」とか
「あなたは魚ですか~?」とか質問して当てるゲーム。


私「もうどれにするか決めた?」
女の子「Yes」


私「決めるのすごく早かったね」
女の子「最初からこれにしようって決めてたの」


私「あ!てことはあなたのfavoriteな動物でしょ?ハッハッハー、私は賢いからね~」
女の子「...(笑顔)」


私「動物飼ってるの?」
女の子「犬を飼ってる」


で、このあたりから犬の話、彼女の犬の友達?wの飼い主に子供が生まれた話、持ってるおもちゃの話とかいろいろ話始めてなんか今日はすごいよくしゃべるな!って思ってふと横を見たら隣を歩いてた同僚もびっくりしてて、まあでも今日だけなのかな?って思っていたのです。そして次の日。いつものように途中からやってきて、今みんなで○○してるよ、一緒に遊ぼうよ?って言ったら、


「Yes.」


と言って一緒に遊び始めました。それまで1ヶ月、私の名前なんて呼んだことなかったのに
この日から呼んでくれるようになって、話しかけると笑顔で話してくれるようになった。


この前は紙飛行機作りに夢中になって本に載ってるの全部作る!って言い始めて、私が、じゃあもっと紙取っておいでって言ったらなんと


小躍りしながら歩いてた!!


いや、本当にびっくりした。今までの彼女からは想像できない!楽しそうにしゃべったり笑ったりしているのを見ると私までとても嬉しくなる。


私はアフタースクールプログラムのスタッフであり学校の先生じゃないんだけど、職場で習ったこと、カレッジで習っていることを実践して常に子供達の遊びの先にある学びを考えてレッスンプランを作ったりOpen-Ended Questionという方法で会話を進めたり子供達の成長・教育の役に立てたら良いなと思って仕事をしています。


だけど。単純に、子供達がここにいると安全で楽しい時間が過ごせるって思ってくれるのが一番嬉しいな。


今週も子供達の笑顔がたくさん見られるよう頑張ろう~っと!


↓アフタースクールプログラムの仕事のお話はこちら↓

1週間ぶりの仕事場で、子供達の反応。
とうとう職場で異動命令が出た!
アフタースクールプログラムで無表情だった女の子が、笑顔になった!
ありのままを、、、仕事の講習会で学んだこと
誰だって認められたい、褒められたい。
アメリカで働くって大変。たまには弱音をはきたい。
アメリカのアフタースクールプログラムの仕事について。

おまけ
海外生活の悩みあるある。海外生活に疲れた時

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
Next Post次の投稿 Previous Post前の投稿 ホーム

0 コメント:

コメントを投稿