ペットホテルでできた恋人と、ロビンのその後。

Leave a Comment
今日は私達が旅行に行っていたあいだのロビンのおはなしです。ロビンはアンディと一緒にペットホテルに預けていました。そこは私が見学に行ったとき、「犬たちとスタッフの一体感がすごい!楽しそう!」と感動して預けることを決めた場所。


泊まる1週間前から毎日デイケアに通わせ、1週間泊まったので、合計2週間毎日いたことになります。


↓最近の日課、夕飯・お散歩後のボール遊び。


結論からいうと、ロビンはその後変わりました。前は散歩中ほとんどさがりっぱなしだった尻尾が今では自信たっぷりに立っています。特に犬を見かけた時ほどしっかり立っていて、前みたいに吠えたり逃げたりしなくなりました。

この前散歩中に会ったシェパードとも怖がらず挨拶できたしね。ロビンにとって、これはすごい進歩なんです。犬だけじゃなく、人間に対しても臆病だったけど、散歩中に触らせて~!って来た子供からも逃げなかったし、この前うちに来た夫の友達が、


「ロビンが吠えなくなってる!前は家に入った瞬間必ず吠えてたのに!」


って。成長したね、ロビン!


預けている最中、毎日ウェブカメラで様子を見てたんだけど、初日にロビンが白い小型犬に背中に乗られてハンプ(腰を振る行為)されてました。映像がちいさくって良く見えなかったけど、ロビンはそのままボーっとつったってされるがまま。汗



施設に来ている子たちはみんな去勢・避妊済みだし、ロビンもイヤだったらイヤっていうだろうと思って別に気にしてなかったんだけど、どうやらロビンのことを大好きになってくれた男の子がいたみたいで、初日のレポートには


Today I enjoyed boarding: Played a bit with a dog named Walter who has the biggest crush on her.
(今日は、ロビンのことをめちゃくちゃ大好きなウォルターという子とちょっと遊びました)


って書いてあった。あの白いのがウォルターに違いない。笑


レポートにはどう過ごしてたか、誰と友達になったか、ご飯&睡眠(夜はケージ無しで他の犬達とスタッフと同室で一緒に寝ます)はどうだったかが数人のスタッフより一言づつ、毎日書いてありました。こんなにていねいに報告してくれる施設は今までなかったから嬉しいです。


最初は入り口付近やアンディのそばにいたのに3日目からは一人で歩き回れるようになったみたい。そして初日からずーーーっと、アンディとウォルター(マルチーズ)と一緒にいたようで毎日今日友達になった子の名前欄にはふたりの名前がありました。もうね、ウォルターは「ボーイフレンド」って呼ばれてましたよ。


確かにウェブカメラでチェックするたび大体ウォルターがロビンの後をついて歩いてたしね。しかもレポートによると、5日目にはウォルターがあまりにしつこい時は一喝できるようになった、って書いてあったw だけどね、ウォルターは他の犬に興味を持てる、社交的なワンコなんだよね。ロビンに犬と関われる自信を持たせてくれたウォルターに感謝です。


そして1週間も後半になると、他のチワワやマルチプー、テリアミックスの子達とも遊んだみたいです。スタッフ達とも慣れて、自分から寄っていったり一緒にベッドで寝たりしたらしく、預けて本当に良かったです。


これからはちょくちょくドッグパークへ連れていって、この状況を維持したいなと思います。お金に余裕ができたら、またデイケア連れて行ってあげたいな!


ロビンは7歳だけど、頑張れば変われるんだね。
私が機会を作ってあげないといけませんね!


↓カリフォルニアペットデイケア&ホテル体験記はこちら↓

トレーニング再びの理由と、ケージフリーペットホテル
ジャクソンの退院と、ドッグデイケアで切ない体験
難航するジャクソンのリハビリと、デイケア評価が来た
アンディとロビンの、期間限定デイケア生活始まる
犬達をペットホテルに預ける日が来た
ペットホテルでできた恋人と、ロビンのその後。
ペットホテルで目にケガ?アンディのその後

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
Next Post次の投稿 Previous Post前の投稿 ホーム

0 コメント:

コメントを投稿