ジャクソンの退院と、ドッグデイケアで切ない体験

Leave a Comment
あれは2ヶ月前の事。
アンディ達が宿泊できるペットホテルを探していて、これだ!と思った施設の規定によりジアルディア(寄生虫)検査をした時の事。


なんとロビンに陽性反応がでてしまい完治するのに2ヶ月近くかかってしまいました。
だって一度目はcoccidea、二度目はgiardiaと違う種類の寄生虫が発見されちゃったんだもの。(多分感染した野ウサギのウ○○を食べたせい)


↓ジャクちゃんが無事に帰ってきたよ♪



そして先日、3度目のテストの結果、陰性!やった~!すぐに施設の「気性テスト」の予約を入れて本日アンディとロビンを連れて行ったのでした。


予約時間の朝8時にアンディとロビンを連れて施設に到着。手続きをしている間、犬を連れたお客さん達が預けに来たんだけど、皆常連さんみたいで受け渡しもスムーズ。何よりも犬たちが早く皆のいる広場に行きたい!って様子が印象的だったな。



そして始まった気性テスト。テストと言っても個別に何かするわけじゃなくて、他の犬達がいる広場に一緒に入ってどんな反応をするかを見るっていうもの。オーナーの女性自ら一緒に小型犬用広場に入ってアンディとロビンの様子を見てくれました。


結果、二人とも合格!その後慣れさせるため、数時間預ける事に。私は広場がマジックミラーで見える隣の部屋にいて、二人の様子を見てたんだけど、もう切ない切ない~!!(涙)

↓迎えに来た直後のロビン。ちょっと疲れ気味の表情。


状況はこんな感じ。大型犬用広場には40匹ぐらいの犬がいて、スタッフの女性とボール投げで遊んだりとってもアクティブで楽しそう。遊びに参加してない子達もゆったりと座っていてリラックスしてる感じ。


隣接した小型犬用広場にはアンディ達以外にも10匹ぐらいいて、大型犬用広場みたいに一体感はあまり無く、いわゆる壁の花みたいな子達がポツポツと。


そんな中、ロビンは最初ずっと広場の角にいて、尻尾も下がりっぱなし。他の犬が近寄って来ようものなら匂いを嗅がせず円を描いて逃げる。もうおかーさんは切なくてうっかり涙出そうでしたよ(涙)ロビンの不安な気持ちがものすごく伝わってきて。。。


一方アンディはマイペースに周りをチェックしたり、他の犬達と挨拶したりして。割と部屋の内側でうろうろ。他の犬にドミナントになったらどうしよう?って別の意味で心配してたけど、とりあえず大丈夫みたい。


↓お迎え直後のアンディ。疲れてるのに写真やだな~、な顔。



迎えに行った際に、半日デイケアを5回分購入しました。約1ヶ月で、きたる宿泊に備えて慣れてもらわないとだからね。これを機に怖がりロビンちゃんも他のワンコと関わる楽しさを学んでくれたらいいな。。。


後ほど今日の二人の様子をレポートしてくれるみたいなので、どんな事が書かれているか楽しみです♪


↓カリフォルニアペットデイケア&ホテル体験記はこちら↓

トレーニング再びの理由と、ケージフリーペットホテル
ジャクソンの退院と、ドッグデイケアで切ない体験
難航するジャクソンのリハビリと、デイケア評価が来た
アンディとロビンの、期間限定デイケア生活始まる
犬達をペットホテルに預ける日が来た
ペットホテルでできた恋人と、ロビンのその後。
ペットホテルで目にケガ?アンディのその後


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ にほんブログ村 犬ブログ 犬 多頭飼いへ
Next Post次の投稿 Previous Post前の投稿 ホーム

0 コメント:

コメントを投稿