全米3位、危ない都市を駆け抜ける!

Leave a Comment
今回の移動でアンディとロビンはこんな風に、
夫の車に用意した専用スペースで快適な旅をするはずでした。
あの事件が起こるまでは、、、


アリゾナを抜けた後はニューメキシコのI40をひたすら走ります。
I40は西のカリフォルニアから東のノースカロライナをつなぐ長い長い高速道路です。途中までかの有名なルート66と平行していて、途中途中に小さな町が見られます。


が、周りに何にもない不毛地帯(もう本当ーーに何もない!ここに取り残されたら気が狂うレベルの)で、車で何時間も同じ景色を走ります。


道路脇にDQ(デイリークイーン)の看板がたってたんだけど、小太りの男の子がでっかいアイスに目を輝かせてる写真で、オイなんだよこの戦後のアメリカ繁栄期に立てたみたいな時代遅れ感はっていう感じで。時が止まってるぜ、ニューメキシコ(の一部)!


↓途中休憩でやっと写真が撮れた。本当は道路から撮ったら雰囲気伝わる写真が撮れると思うんだけど、残念。



めずらしくドッグパークがあったので他のワンコとこんにちわ。
もちろん不毛な地帯にふさわしく下は砂地です。

そしたら隣の道を羊飼いが羊を散歩させてたよ。
↓ちょっと定かでないけどこれがルート66かも。


そしてこの日の宿はアルバカーキ。アルバカーキはこの砂漠地帯にいきなり出現するニューメキシコ州で一番大きな(広い)都市です。


だけどこの夜、夫の車の窓ガラスを割られるという車上荒しに遭遇する羽目に。。。


アルバカーキはMSNの「アメリカで最も危険な都市25 2017年版」で21位という危ない町。ちなみに今回の引越、25位のナッシュビル(テネシー)、9位のリトルロック(アーカンソー)、そして3位のメンフィス(テネシー)を通ります。。。


↓アンちゃんは私が夫が守るよ!


次の日、朝起きて出発しようと夫が荷物を持って下へ降りたら、車の窓が割られてることに気づきました。幸いたいしたものは置いてなかったから、盗られたのは数十ドルのプロジェクターだけ。下のほうに置いてあって見えなかったらしい、BOSEのスピーカーが盗まれてなくて良かった!


車を買ったときにオプションでつけた防犯装置、作動せず。
なんかアプリから作動モードにしないといけなかったらしく。。。


即効で窓修理屋さんに向かったものの、乗ってる車の窓が特別仕様なようで「オーダーです」と言われてしまう。待ってる間、心なしかロビたんとアンディの顔もうつろ、、、



そしてこの日からずっと、アンジャクロビンは私の車での移動となりました。応急処置でビニールをガムテープでとめて走るもうるさい&寒いらしく、とんだ引越となりました。ちなみにお店には車上荒らしにあった他のお客さんもいたとか。


↓アルバカーキを出たところにあった小さなガススタンドの壁。
ニューメキシコの景色は本当にこんな感じでした。


ニューメキシコからテキサスへ。
景色も変わって、牛農場や綿畑が見られます。


車を停めてガムテで補強する夫。


そしてオクラホマシティで一泊し、次の日もひたすらアーカンソーを走ってやってきましたテネシーのメンフィス。


夕方メンフィスのダウンタウンにあるホテルに到着するもさすがに全米第3位、すでにこのあたりヤバイ感じが漂ってる!


写真じゃわかりづらいと思うけど、ダウンタウンが古くて暗い。人があまり歩いてない。けどなんとなく怖そうな感じの人は歩いてる。といった感じで。。。


夫は部屋に入るなりガンを枕元に設置。
そのわりに、ドアから遠い側のベッドで寝だした。何でよ?


「、、、時間稼ぎだよ」


私はおとりか!?


↓部屋からのメンフィスの眺め



駐車場に停めた夫のジープのビニール窓が破られないことを祈りつつその夜は寝たのでした。最後、ノースカロライナの大きな邸宅見学の話に続きます。アメリカで1番大きな個人邸宅 In ノースカロライナ


↓アメリカ横断引越のお話はこちら↓

7年ぶり。さよなら、カリフォルニア

全米3位、危ない都市を駆け抜ける!
アメリカで1番大きな個人邸宅 In ノースカロライナ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

Next Post次の投稿 Previous Post前の投稿 ホーム

0 コメント:

コメントを投稿