アメリカで養子縁組をする その3 提出するものリスト

Leave a Comment
先日、養子縁組について2回目のソーシャルワーカーとの面談に行ってきました。日が出る前に起き、夫は自分の支度が終わった後アンディ達を起こしてご飯、お散歩に連れて行き、私は出かける前に部屋を整頓して、出発です。私達が住んでいる所は田舎なので、ある程度大きな市に行かないとこういったサービスは受けられません。この日も片道1時間半のドライブで斡旋所に向かいました。


私達の市から車で少し行くと、古くは州都だった市があります。だけどそこを通り越したら目的の市まで、ただただ両脇に農地が広がる一車線のまっすぐな道を運転するだけ。所々に家があって、こんな所に住んだら人生どんななのかな、といつも想像します。もう都会生活はあきらめて、家に凝るねきっと。ちょっとだけ自給自足的な生活をして。ああ、でも和食が一番好きなのでアジア系スーパーが近くにないと厳しいかな。。。


そんな農地を車で走っている途中、5、6匹の野生の大きな鹿が道路付近にいてこっちを見て立ち止まっているのを発見。そのうち2匹は、道路を渡ろうか、どうしようか迷っている感じ。スピードを緩めたらその2匹は思い切ったように道路を渡っていきました。そして残りの鹿達は反対方向へ農地をジャンプして行ったのでした。彼らは家族なのかな、その後また会えたかな。でも引かれないで良かった。そんな風景を見ながら走り、斡旋所につきました。


今回は色々な契約書に同意のサインをすることがメインだったのですが、内容が難しかった上にちょっと時間が経っているのでほとんど覚えていません。。。というわけでそこは飛ばして、今後提出するものリストを一覧にしました。

  1. 希望者の自己紹介ブック
  2. ツベルクリンの結果と健康診断書
  3. 指紋の書類
  4. 犯罪履歴チェックの書類
  5. 源泉徴収表のコピー
  6. 友人数人のインフォメーション
  7. 火災点検の書類
  8. ペットの予防接種履歴書類
  9. CPRとファーストエイドの資格証明書
  10. 運転免許に関する書類
  11. 運転免許証のコピー
  12. 車の保険の書類のコピー
  13. 車両点検証
  14. 最終学歴の卒業証書のコピー
  15. フォスターペアレントのオリエンテーション証明書
  16. ノースカロライナ州外での犯罪履歴チェックの書類
  17. 自分たちの写っている写真
  18. 12スキルの査定の書類
  19. 結婚証明書
  20. ライセンシングの質問用紙
  21. アダルトチルドレンの質問用紙
  22. 家の保険証明書


な、長い、、、、!カリフォルニアの第一ステージで提出したものよりも多いです。ただカリフォルニアでも後のステージでこれらが必要になるのかもしれませんが。前回来た時に渡された指紋の書類は、警察署で指紋を取ってきたので今回提出済み。それと前回私達の写真も持ってきてコピーをとってもらったのでそれもクリア。


だとしてもまだまだ提出しなければいけないものがたくさんあります。それにくわえてトレーニング&学習クラスも参加しないといけないです。前回来た時はカリフォルニアと比べて項目も少なくて早く手続きが進みそうだなと思っていたのに、ここへきて後一年半で全部終わるか自信がなくなってきました。一年半後、私達は仕事の都合でまた引っ越す予定なのです。


最近夫婦共に忙しかったのでこの日以来何の進展もないのですが、明日から出来ることだけ進めなきゃ!

↓アメリカで養子縁組の記録↓

アメリカで養子縁組をする その1
アメリカで養子縁組をする その2 始めての面接
アメリカで養子縁組をする その3 提出するものリスト

にほんブログ村 犬ブログ シーズーへにほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
Next Post次の投稿 Previous Post前の投稿 ホーム

0 コメント:

コメントを投稿