次の日の朝。
今日は観光しながら家に帰りま~す。

↓ドアを開けて目の前がすぐ芝生ってのが犬連れ旅行者にありがたい。





ここのモーテルのオーナーが言ってたっけ。
小さい観光の町で、犬連れ旅行者も多いから、
どこも犬OKにしないとお客さん呼べないんだよって。

ワイナリーは犬OKの場所も結構あったし、
レストランなんかはテラス席ならどこも多分OKだって。

町全体がドッグフレンドリーな嬉しい町でした。
その中でも犬3匹泊まらせてくれたこのモーテルが私の中ではベスト。
ありがとう、オーナーのジョンさん!


出発前に、地元で買って持ってきた恒例のスクラッチャーを。。
結果は、、、、!!



残念ーーー、全部ハズレちゃった。

やっぱね、4ドル分じゃあねw
さて、これでクリスマスから続いたスクラッチャーもお終い。
長いこと楽しめたから良しだね!

そしてホテルを後にして、向かいのベーカリーカフェへ。
ジョンさんから無料デニッシュペイストリーとコーヒーの券をもらってたから、ここで朝食をとってから出発です。



どこへいっても注目を集めた3兄弟。
前日行ったワイナリーでは、「今日のワンコ」としてお店のフェイスブックに乗ったよ♪


チェリーとクリームチーズのペイストリー、いただきまーす。


アメリカの物より日本のペイストリーに近い(=おいしい)味だった♪
そしてアンディ達を車に残し(※3月のまだ肌寒い朝なので)向かったのは、アンデルセン博物館。


ここ良かったな~!
アンデルセンがこの土地に来たわけではないけれど、デンマークつながりで建てたみたい。アンデルセンの生い立ちとか、かかわった人物なんかが紹介されていた。




アンデルセン著作の童話もいっぱい展示してあって、自分に子供がいたら子供と過ごしたい空間だったな。置いてある本、かたっぱしから全部読んであげたい。

1階はカフェと本屋さん。
本屋さんっていいよね~、もう何時間でも過ごせるよね。
幸せなひとときでした。

実は事前にこの町が舞台になった映画、sidewaysを見ていたので、映画に出てきたこのレストラン、ヒッチングポストに立ち寄り。


そして主人公達が泊まったこのホテルにも。
雰囲気出てて映画にピッタリのホテルだよね。
今はDays Innが経営してるみたい。



さーてこれから長いドライブの始まりです。


途中ハイウェイの休憩スポットで止まったら、、、


海岸沿いをサンディエゴからサンフランシスコまで走る、アムトラックが来た!






鉄子はさらに後姿も撮りますよ~


そしてさらに車を走らせ、1日目でも止まった市の、ビーチ沿いトレイルで散歩。


ビーチ沿いのレストランで私のランチを買って、


食べながら家路に急いだのでした。
このレストランはテラス席犬OKだったけれど、早く帰らないとアメリカ1恐ろしいロスの帰宅ラッシュに巻き込まれるからって持ち帰りにしたの。

ミディアムレアな焼き加減のツナ、パイナップル、アボカドのサンドイッチにワサビマヨソース付き!


この市は海も山もあって、暑すぎず寒すぎず気候が良さそうな場所なんだ。さて、どこでしょう?ヒントは、カリフォルニアにいくつかある「サンタ」とつく場所。

サンタ・モニカ、サンタ・クルズ、サンタ・マリア、、、、?




サンタ・バーバラ、でした。


期待もむなしく、お盆の帰省ラッシュか?っていう渋滞に巻き込まれものすっごい疲れて家に着いたのでした。

私も疲れたけど、車で眠れないジャクソンも疲れたね(><)



今回も、
見たことのない景色を見て、
その場所の空気を嗅いで、
人とふれあって、
たくさんの刺激と思い出ができた。

こうしてアンディ、ジャクソン、ロビンと旅が出来ることに感謝。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
毎月恒例の犬連れ一泊旅行も早4回目。
日帰り観光も含めると6回目です。

さて、一泊旅行はこれでちょっと休憩。
今学期が終わったらまた再開したいと思います。

今回訪れたのはアニマルレスキュー活動をするワイナリーのある町。
ボトルの犬は実際にレスキューされた犬のイラストなのです。
↓テイスティング中~♪



それでは今日も、朝のコーヒーから行ってみよう!
今回はシアトル発のPeet's Coffeeでラテを注文。



いやあ、この時はとーっても眠くてね。
なんたって朝4時起きで5時に出発して、ここへついたのが6時。まだ日の出前で薄暗くて、眠気と戦いながらやっとたどり着いたコーヒーショップなのです。

で、前日ビーチで行われた友人の子供のバースデーパーティに参加して、一日太陽に当たってたからか頭も痛くて。ここの駐車場でちょっと仮眠して、目覚めのコーヒーがこれ。


ピーツのラテ、濃くておいしかった!
そして頑張って目的地へ車を走らせます。

日が出てきたらなんだか急にワクワクしてきた私。アンディなんてなんと1時間もずーーーーっと車の外を眺めてた。きっとほとんど忘れちゃうかもしれないけど、でも新しい景色を見た瞬間はたくさんの刺激を受けているはずだよね。そんな風に思ったら嬉しくて、それだけでも来て良かった!って思えた。

途中のトイレ休憩で寄った海辺の公園。



その後も休憩しつつドライブを続け、目的の町に到着。
まずは公園で散歩をして、チェックインをしにモーテルへ。

このホテルが、ダウンタウンの一番端っこにあって
ダウンタウン自体が歩いて回れる距離。ということで車をおいて町を探索することに。

↓デニッシュ(デンマーク人)の町なのでアンデルセンの銅像が。



アンデルセン童話、小さい頃本で読んだなぁ。
醜いアヒルの子、マッチ売りの少女に裸の王様。懐かしい。

それにしても素敵な町だった!
町全体がデンマーク風で、アメリカにいながら別の国にいる感じ。
気候・土地柄、ワインの産地でもあります。







歩いていたら偶然にも今回の目当てのワイナリーに遭遇!
それじゃあということで、ワインテイスティングへいざ(^^)

もちろんアンディ達も一緒だよ。



今回も犬用ストローラーが大活躍。
アンディ(9歳)、ジャクソン(8歳)はもう老犬枠。まだまだ元気なロビン(6歳)と歩ける距離も違うから、ストローラーはかなり役立ってます。



このお店の名前は、チャリティーとワインをもじった物で、毎年地元のアニマルシェルターに売上金の一部を寄付してるらしい、動物に優しいワイナリーなのです。

ここでは赤・白あわせて5種類のテイスティングコースをしてみることに。そして気に入った白のボトルを購入してお店を後にして、、、

2件目♪


ここももちろん犬ウェルカムなワイナリーであります。
さっきのお店で割引券をもらったので、6種類の赤のコースと6種類の白のコースが各自通常10ドルのところを、両方で10ドル。

テイスティングといえど結構アルコールが効いてきて、
全部飲めるかどうか、、、と思ったけど、


頑張る!


ここの店員さんがとっても話好きの感じのよいお兄さんで、まるでいきつけの近所のバーに来て飲んでいるかのような気分になった。お客さんでいっぱいだったのもうなずけるナイスなお店だったな。

お店を後にして、もう夕方近くなってやっとーーーーー

お昼!


犬連れだと、これがなかなかご飯を食べるタイミングとか場所に苦労するんだよね。しかも食べたいもの・食べられるものがおいてあるお店を探すのも一苦労。

もうランチなんだか夕飯なんだかわからないタイミングで食事をすることにw
↓デニッシュ関係ない、シュリンプブリトー。



大きな海老たっぷりでおいしい一品でございました(^^)
アンディ達にお水のサービスもあってドッグフレンドリーなレストランだったしね。
そしてダウンタウン探索に戻り、、、


お土産を買う間、ちょっと入り口で待っててね。


お土産を買ってモーテルへ。


またここの若オーナーがとっても気さくでいい人だった。中国系アメリカ人で、親の代からのこのモーテルを受け継いだんだとか。数年前に結婚したばかりの奥さんと、3人+3匹で庭でしばし談笑してから部屋へ入り、、、

ベッドーーーーー!
今日一日、楽しかったけど疲れたーーー。


本日はこれでおしまい。
次回後編に続きます。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
デビが仕事で海外に行ってしまって、3ヶ月経ちました。
とっても寂しいらしく、しょっちゅうアンディ達の写真を送って!と頼んでくる。

犬たちは元気?
アンディたちが自分の人生で
すごく大切な存在なんだって思うよ
僕のこと忘れてないかな?
I miss dogs!!

そしてデビがいなくなってからアンディ達にも変化が。
今までカウチで一緒に座ってた人がいなくなったので、しょっちゅう私のトランプチェアーに来て一緒に座るようになった。せ、狭い、、、!
一緒に寝ればピタっと張り付いて右にも左にも動けない。
アンディ、ジャクソン、ロビン、しょっちゅう一緒にくっついて寝ています。
きっとアンディ達も寂しいんだと思う。。。

↓携帯カメラで撮った日常のアンディ達。



そんなに寂しいんじゃあ、デビには今度犬尽くしパッケージでも送ってあげようかな。
明日は待ちに待った旅行の日なので、早めに寝ます。(*^^*)

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
前回の旅行で、オービッツを通して予約したキャビンに泊まれないアクシデントが発生。途方に暮れるもその場は引き下がり、次の日にカスタマーサービスにメールをすることにしました。

↓今日はこれしか写真がな~い。あの日帰り道に寄った韓国料理店で持ち帰りしたおいしい海鮮スンドゥブ♪


カスタマーサービスに伝えたこと。

・オービッツのサイトにはペット数のリミットがなかったからこの宿に決めたこと
・当日行ったら上限2匹と言われ泊まれなかったこと
・というわけで返金を希望すること

を書いてメールした。そしたら数日して返事が来て、

・前日の夕方5時までにキャンセルされなかったので返金はできません(当社ポリシー)

の一点張り。自社サイトに記載がなかったことはこれっぽっちも触れず。ムカムカっときたんだけど、でもホテルに確認しなかった私も間抜けだなぁと思ったし、なんとなく言っても無駄な気がしてあっさりあきらめることにした。(早っ)

そしてオービッツの会社自体のレビューをネットで調べたところ、かなり、カスタマーサービスの対応に不満な人達がいることを発見。もちろん、

「不満がある人がネット上に書き込むのでその他大勢の満足している人の方が表には出ないけど数は多い」

という意見があってそれは一理あるんだけど、

「オービッツは”カスタマーサービスを利用することがなければ”何も問題はない」

には納得。
もうオービッツは利用しまい、、、と心に誓ったのでした。
そしてその後、何事もなかったかのようにオービッツから

「先日の旅行はどうでしたか~?レビューを書いてくださいね♪」

なるメールが届いたので、これこれこんなことがあって、残念ながらオービッツの対応が不満だったと書いて返信。これはみんなが見られるオービッツのサイトにレビューとして乗るはずなんだけど、翌日オービッツから

「おっと!ウェブサイトに乗せる前に修正しないといけないみたい。」

と記載却下のメールが届いた。多分Leave out any profanity(悪い言葉は使わないで)
っていうルールに引っかかったみたい。悪い言葉は使ってないのにー!ネガティブコメントだったから悪態ついてるように感じたのかも(ーー;)

チッ
どこまでも納得行かない対応だゼよオービッツ、、、

そんなわけで納得いかずいやーな感情だけが残ってしまった今回の経験から学んだことは、何匹犬を連れて行けるのかホテルにちゃんと確認する!ということ。(←ていうか基本?w)

そこで3月の旅行で行く町を決定し、
めぼしいホテルを3つ選択。
今回はね、ちゃんと直接ホテルに電話しました。

1件目、なかなか豪華なホテル。
犬は1匹まで。

2件目、この町特有のデンマーク風な綺麗なホテル。
犬は2匹まで。

3件目、もう泊まれたら何でもいいかと思って電話したホテル。
なんと3匹OK!やった~!

そこはなるべくなら避けたい出口がすぐ駐車場につながるタイプのホテルだったんだけど、まあ、いっか。犬3匹というのはかなり選択肢がないので泊まれるだけでもありがたい。

来週、学校のテストが終わったら1週間春休みなのでまた旅行に行く予定です。これが学校が終わるまでの間、最後の旅行になるかも。とりあえず来週の試験勉強頑張ろうーー!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
前半の続きです。

ホテルのオフィスから車に戻って、考えた。

このホテルに泊まれていたら、ドッグフィー$30×3匹分払う予定だった。
後$100ぐらいなら、どうせ出費する事になってたんだし払っても良いかな。。そう思ったので、第二候補に挙がっていたInnに行ってみた。

だけどオフィスに鍵がかかっていて、誰もいないみたい。ここはやめて、他を探そう。グーグルマップで近くのペットフレンドリーなホテルを探す。そして出てきたロッジにまた車を走らせました。ここがダメなら、帰ろう。そう思いながら運転しつつ。。。

オフィスに入ってみると、オフリーシュの犬2匹が出てきてテクテクそこらへんを歩き始めた。ここならペットフレンドリーに違いない!だけど問題は3匹泊まれるかなので、ダメもとで

「あの、小型犬(強調)3匹と私一人なんですけど、部屋は空いてますか?」

と聞いてみた。そしたら、

「ちょっと待ってね、調べてみるから」

と50代ぐらいの優しそうな女性がコンピューターをカタカタし始めた。そして、

「一番安い部屋で、$71ね。犬は絶対に部屋に置いて出かけないでくれれば、3匹でもOKよ。今2部屋空きがあるから、どっちが良いか見て選んでちょうだい」

やった!3匹でもOKだった!しかも、

「ペットフィーは一泊につき5ドルなんだけど、人間があなただけなら3匹はもう一人の分ってことで要らないわ」

ときっかり$71で泊まれることになった。
なんて良い人なんだ~!さっきまでどよんとしてた気持ちが吹き飛んで、ワクワクしてきた。安いロッジの部屋ってことで2つとも特に素敵な部屋じゃなかったけど、全然OK。中庭側の部屋を選んでチェックイン。

オフィスからロッジのラウンジを通って、中庭に向かいます。
このラウンジはすごく素敵だった♪


雪が降る中、暖炉で暖かいラウンジ。。。


↓ロッジの建物の後ろに中庭があって、回りはキャビンで囲まれています。そしてこの敷地全体の後ろには川が流れていて、なんともリラックス空間なのです。
雪がたくさん降ってきたよ~



↓さっきのオーナー女性の犬、ブルドッグのハンク君。この敷地内を自由に歩き回ってた。と思ったら向こうに見える男性客の犬2匹も歩き回ってた。

今回の事であらためて痛感したけど、犬3匹は本当に受け入れ先が限られるなと。反対にいうと3匹OKなら本当に犬好きなオーナーに違いない。



この角部屋が私達の泊まる部屋。
右隣がさっきのラウンジ。


↓そしてこれが今回泊まった部屋。暖炉があって、暖房の温度を上げると暖炉がつくので電気なんだろうけど本物みたいでGood。



暖かさは十分、快適!
そしてアンディ達を連れてメインストリートに行ってみました。


アンディ達を車に残し、お土産屋さんを見て歩き、、、



この日は日曜だったから週末来た人たちは帰っちゃったのかな。観光客はチラホラと。



お土産屋さんの前にあった犬の水飲み場。



サクサクっと見て回って、おなかもすいてきたので探しておいたレストランへ。ここはアメリカ料理と韓国料理が食べられるお店で、ペットフレンドリーということだったので外の席に通してもらったよ。

寒い寒い!
ストーブをつけてもらって、
アンディ達は私のマフラーの上に載せて椅子へ。



↓かわいい雰囲気のお店。
オーナーらしい韓国人の女性がやってきて、犬におやつをあげても良いですか?と聞いてくれておやつを持ってきてくれました。評判通り、犬にやさしいお店だった。



↓私が頼んだ豆腐ビビンバ。特性ソースはヴィーガンだそうで。このご飯の下に、色々具が隠されていてごちゃ混ぜにして食べるみたい、おいしかった!



そんな夕飯を食べた後は、リラックスタイム。
コンビニに寄ってメルローのミディアムサイズボトルを買い、ホテルに戻ってオーナーさんにラウンジで犬連れでくつろいでも良いか聞いたところ良いよと言ってくれたので、部屋からグラスを持ってきて乾杯~!



日曜の夜だから泊り客も少なくて、この素敵なラウンジが私達だけの物に(笑)
そしてその後は、恒例のスクラッチャーですよ~~

去年のクリスマス、職場のクリスマス会で当たったプレゼントが20ドル相当のスクラッチャーだったことから、毎月旅行に行く度に当たった金額分のみスクラッチャーを買い続ける、、、という企画。(多分もうすぐ終わるw)

↓前回8ドル分当たったので、1ドルスクラッチャー8枚購入して挑むも当たったのはたったの1枚。4ドル当たったよ。

20ドルから16ドル当たり、
16ドルから8ドル当たり、
8ドルから4ドルの当たり。

今度は2ドル当たりか、それとも消えて無くなるか、、、



はかない夢だったー。
そして次の日。残念ながら朝から雨。
昨日とは別の公園に行ってみるもやはり雨。(当たり前)
散歩は断念して、カフェでコーヒーを買って帰ることにしました。



ブルーベリースコーンとカプチーノ。
これはコーヒーが濃くておいしかった!



地元に戻ってきても、この日は一日中雨、雨、雨。
でもみんな疲れてるから、家の中でのんびりすれば良いよね。



そんな感じで今回の旅はお終い。
きっとこれで今年の雪は見納めかな。

今回学んだこと。
どういう経路で宿泊を予約しても、必ずホテルに犬は何匹OKか確認すること!高くついたけど、良い勉強になった。(と思うことにする。)

最後に、もしかして私みたいにカリフォルニアで犬3匹連れてホテル選びに困っている人がいるかもしれないので、参考に泊まったロッジのサイトを載せておきます。
Silver Pines Lodge (Idyllwild-Pine Cove, CA)

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
Previous Post前の投稿 ホーム